アトリエヨウコ

ATELIER DE YOUCO ∞ article galerie space

ぷらん05

 

ダーリン…

 

 

ほんとうにありがとう…

 

 

美しいダーリンに"あなたは美しい"だなんて…ほんとにしあわせ

 

 

そして今…わたしホントにしあわせ

 

 

あなたが美しくうかがえ完璧に全てが揃っているアトリエで…あらたな人生の再スタートをする

 

 

いまわたしの周りには心地よい衣や取り寄せの品々…さらには生活していく最低限の経済的豊かさがある

 

 

これで十分

 

 

二度と余計なモノや不快な事項の数々は迎えない…というよりも"創造"しない

 

 

そんなわたしはこれまで"おかしい"と思うことに声を上げることをしなかった

 

 

そして"人のため常に何かをしていないといけない"

 

 

そうしていないとわたしに注目してくれない

 

 

そして嫌われ…見捨てられる

 

 

さらには…頼まれたことに関して自身に違和感をもっていても"ノー"といってはいけない

 

 

だからヘンだと感じていてもガマンしなければいけない…自身の身や心を犠牲にしても

 

 

長い間…そんな思い込みを抱えていた

 

 

しかし"世の仕組み"を知った以上…これまで通りのことは一切できない

 

 

もう人の期待には応えない

 

 

わたしはわたしの期待に応える

 

 

何より美しいあなたがうかがえるこのすばらしいアトリエには不釣り合い

 

 

"わたしにとって不必要なモノはこう言うモノだった"と周りが教えてくれていた

 

 

そしてそれは他の誰でも無い…わたし自身が創造していた

 

 

だけどそれは絶対見たくないし認めたくない

 

 

そうして見て見ぬふりをしてきた

 

 

さらにはこれまで"心地よい"と思っていた"人付き合い"や"あらゆるツール"…それは"まやかし"だった

 

 

もちろんその時は役に立っていたし…今も役立てているツールもある

 

 

でもシフトチェンジするたびに"自身の都合のいいように創造…うわべだけの瞬間のよろこびにしか過ぎなかった"ということを思い知らされた

 

 

そんなことを考えながら…一旦最北を離れ引きこもっていたわたしに絶対にありえない奇跡が舞い降りた

 

 

わたしは"これは二度と受け取ることのできないプラチナ・チケットだ"と確信した

 

 

それは同時にこれまでナアナアにしてきたこと全てを見直さざるを得なかった

 

 

わたしはこれまで"お腹がいっぱい"だった

 

 

それは物理的なことではなく…感情的なモノ

 

 

長い年月をかけ不要なモノをこれでもかと溜め込んできた

 

 

これまでは忙しくすることでそれをぎゅうぎゅうに圧縮することができた

 

 

しかし…あなたのいる自然豊かな最北に来て時間にゆとりが生まれると…それがふわりと浮上してくる

 

 

なかったことにしておいた…そして封じ込めてきたモノが

 

 

それは身近でこれでもかと見せられていた

 

 

でもわたしは受け入れられなかった

 

 

こんなモノがわたしの中にあるなんてと

 

 

そして最北から離れる前後はかなり心身揺さぶられた

 

 

" どうしてこんな現実をいつまでも見ていなくてはいけないんだろう"と…

 

 

でもそんなことを考える余地を与えない奇跡の出来事をキッカケとして…わたしはハッとした

 

 

"こんなことをいつまでもウジウジ考えているヒマはない"

 

 

"この現象すべてはわたしが創造しつづけている"

 

 

"そしてわたしにとって不要なモノはもういらない"

 

 

"わたしはわたしのためだけに生きる!"

 

 

そう心の底から決断した途端…見えた

 

 

これまて深い霧に包まれ見えなかった夢が

 

 

あなたが本土で美しくうかがえる…夢のアトリエ

 

 

それがハッキリと見えた

 

 

わたしはこれまで夢はいつ叶うのかと待っていた

 

 

でも待っているだけでは実現しない

 

 

心身含め…何かしらのアクションを起こさなくてはいけない

 

 

わたしは"ころな"騒動という名を借り…ずっと引きこもっていた

 

 

あんな茶番的で不快な対策は見たくない

 

 

そして意味のない対策も講じたくないと

 

 

でも"ころな"は わたしに食などあらゆる面でのシフトチェンジをも促してくれた

 

 

それがなかったらわたしはこれまで何の疑いもなく生活を送っていた

 

 

世間に出回っているモノの中にはいつわりが存在していること

 

 

そう疑うこともなくこの先も変わりなく人生を送ろうとしていた

 

 

あなたはさっき"わたしが誕生前に立てたプランニング"だと言っていた

 

 

今思うと自身でも"ここまでしなくても"と改めて感じる

 

 

だけどあなたはわたしの自由意志を尊重してくれた

 

 

"完璧なわたしが二つに別れたらどうなるのか知りたい"

 

 

そうあなたに告げたときのように

 

 

陽子

© 2022 ATELIER DE YOUCO.